So-net無料ブログ作成

津市の専修寺を訪ねる [古寺古社巡り]

専修寺は、真宗高田派の寺院、親鸞聖人が関東各地を布教のとき、下野の国に一宇を建立し、専修念仏の道場としたのが最初、のち津の一身田町の専修寺が本山となりました。東西本願寺に匹敵する広大な境内です。唐門から如来堂を見ます。
IMG_8409.JPG
山門です。山号は高田山です。2階の伽藍には釈迦三尊の仏像があります。
IMG_8410.JPG
正面には、御影堂があります。巨大な建物です。
IMG_8411.JPG
大屋根の側面には、きらびやかな装飾が施されています。
IMG_8416.JPG
雲幽園という広大な庭園があります。自然がかなり残っていました。
IMG_8438.JPG
池の畔に、安楽庵という茶席があり、江戸時代初期の建立だそうです。
IMG_8423.JPG
多くの錦鯉が遊泳していました。
IMG_8444.JPG
この建物は、御廟拝堂で重要文化財です。堂の裏には、親鸞上人のお墓があり、上人の歯骨がおさめられています。
IMG_8450.JPG




nice!(100)  コメント(14) 
共通テーマ:地域
メッセージを送る